ゆっくりお風呂で全身を温めて便秘改善を目指そう

冬とお風呂はワンセット

冬は体の芯まで冷えてしまいますので、お風呂で体の芯まで温めることはとても大切です。こたつでも体を温めることはできますが、体の中心までは温まりきらないので、やはり冬は湯船にゆっくるいつかることはマストです。普段シャワーで済ませてしまっている人も、冬場はぜひバスタイムを楽しみましょう。より体をしっかり温めるのにおすすめなのが「半身浴」です。半身浴とは、みぞおちのあたりまで湯船に浸かることでのぼせてしまうことを防ぎながら長い時間入浴することができるので、体を温めるのにおすすめの入浴方法になります。半身浴をする際は、そのまま入っているとどうしても飽きてしまいますので、濡れても構わない雑誌などを持ち込んで、読書をしながら半身浴するのがおすすめです。15分入って5分休む、という方法を繰り返すのもよいですし、できるだけ長い間入っているという人もいます。お湯の温度は40度前後のぬるめがよいといわれていますが、冬はお湯の温度が冷めやすいので、追い焚き機能がない場合は少し熱めにしておいてもよいと思います。

エッセンシャルオイルを活用しよう

お風呂にはアロマテラピーを活用して、よりバスタイムを充実させるというのもひとつのほうほうです。エッセンシャルオイルを直接湯船に数滴たらし、香りを楽しむのもよいですね。エッセンシャルオイルと一緒に塩をひとつかみいれると、天然のバスソルトを楽しむこともできます。塩を入れることで発汗作用が高くなり、より体が温まりやすくなりますので、エッセンシャルオイルを入れない場合でも塩はいれるとよいですよ。入れる塩は加工してない天然の粗塩を選びます。食料品売場でも販売されていて、500グラムで200円前後で販売されていますので、市販のちょっといい入浴剤を買うよりも安価で入手できます。塩のほかにお酒を入れるのも、体がしっかり温まるのでおすすめです。ぜひ試してみてくださいね。

一緒に読みたいページ 温かい飲み物で内臓機能を活性化、便秘解消効果も